吐き気がするほど肩甲骨の内側がこってしょうがないデスクワーカー様

吐き気がするほど背中が痛い。肩甲骨の内側が痛い。

ゴルフボールでぐりぐりしたいくらい背中が痛い。

そんな悩みを持つデスクワーカーの方多いと思います。

写真の赤く囲っているところが凝ると、吐き気がするほどつらいし、

仕事になんて集中できませんよね。

 

マッサージとかに行くと、「よう凝ってますね〜」なんて言われて、

「はぁ〜気持ちいい〜〜〜」っていうものの、終わってみたらまたすぐに凝ってくる。

なんてことありませんか?

これ、実は筋肉のこりじゃなくて、

肋骨が後ろに飛び出ているんです。

だから、筋肉をマッサージしたくらいでは一時的にましになるだけで、改善はしません。

 

赤く囲っているところが肋骨です。

肋骨は胸の胸骨というところから、背骨までついている骨です。

胸郭といわれる囲いを作り、肺や心臓を守っています。

胸郭は呼吸にも関係するので、肋骨が飛び出て背中が痛くなると呼吸もしにくくなります。

 

肋骨が後ろに飛び出る原因としては、

姿勢不良、猫背です。

パソコン作業をするときはつい顎が上がってしまい、猫背になってしまいます。

少しだけ顎を引いてパソコン作業をするといくらかましになります。

少し顎引いただけで仕事できそうに見えません??

 

肋骨が後ろに飛び出て痛い場合はどうしたらよいか?

肋骨自体を戻すのはとても簡単です。

 

後ろに飛び出ている肋骨を前に戻せば良いのです。

 

しかし素人がそれをやろうとするのは少し危険なので、

肘を曲げて、腕を後ろに回しましょう

 

前には回さないでください。

前に回すと肋骨が余計に後ろに飛び出る危険があります。

 

もう一つ自分でできることは、

胸の少し上にある筋肉、

小胸筋

を緩めましょう♪

肘を上に上げて、胸の少し上を10秒間くらい円を描くようにぐりぐりします。

そうすると、いくらかましになります。

 

自分の手では届きにくいのでセルフケアがしにくいですが、

胸のあたりをストレッチするようになると背中がましになることが多いので、試してみてください♪

 

そんなんしても変わらへんわ!って方はお気軽にご相談ください♪

 

肩甲骨の内側の痛みでお困りならなら【いしかわクリニカルオフィス】

この記事を書いた人♪

いしかわクリニカルオフィス 院長
石川 和磨
モーションパルペーション研究会 講師
柔道整復師・鍼灸師
 

LINE@にて、健康情報やLINE会員様限定情報を配信しております。

 

友だち追加

関連記事

  1. 手根管症候群と言われたしびれが首の治療で解消したとても簡単なメカ…
  2. 洗濯物を干すときに手がしびれるあなたへ
  3. しびれは精神的な物なのか?
  4. 肩こりの本当の原因はこれだった。
  5. 【頸椎椎間板ヘルニア】首の痛みと手にシビれ
  6. やっぱりあった!薬でシビレが改善しない3つの理由
  7. 首のこりが全く改善されない??それ、もしかすると・・・
  8. 首が痛いから【変形性頸椎症】って言うけど、実際どうなの?

この人が書いてます♪

いしかわクリニカルオフィス 院長
石川 和磨
 

モーションパルペーション研究会 講師
柔道整復師・鍼灸師
 

>>>詳細

カテゴリー

アーカイブ

MAP

地下鉄御堂筋線【江坂駅】より徒歩30秒

〒546-0053
大阪府吹田市江の木町1−1ロイヤル江坂303
(賃貸住宅サービスが入るビルの3階です)
TEL:06-7878-8632

PAGE TOP